HOME > 検査結果の見方

検査結果の見方

身体測定 標準体重 BMI22の時の体重で、病気になる可能性が最も少なくなります。
BMI 肥満の判定に用いる体格指数。18.5未満が「やせ」25以上が「肥満」です。
腹囲 おへその高さで測定し、男性85cm、女性90cm以上の人は、内臓脂肪のたまりすぎ(メタボリックシンドローム)が疑われます。
眼圧 裸眼もしくは矯正視力(眼鏡、コンタクトレンズ使用)を測定します。高値の場合、緑内障、高血圧、糖尿病などが疑われます。
眼底 眼底は身体の中で唯一肉眼で動脈を見る事の出来る部位です。動脈硬化、網膜剥離や白内障、緑内障の早期発見に役立ちます。
聴力 1000Hz(人の声)、4000Hz(電話のベル)の音が聞こえるか調べます。
血圧 収縮期血圧140mmHg以上又は、拡張期血圧90mmHg以上で「高血圧」と判定されます。血圧が高いときは、自覚症状が無くても内科を受診しましょう。
心電図 不整脈、狭心症(心筋梗塞)、心肥大、その他の心疾患を調べます。
血液
/

/
血沈
白血球 細菌感染炎症や白血病では増加。減少する病気もあります。
赤血球 主に貧血の有無を調べるものです。
血色素量
ヘマトクリット
MCV 貧血の種類の診断に使用します。赤血球1個の平均的容積量です。赤血球の大きさの指標となるものです。
MCH 貧血の種類の診断に使用します。赤血球1個に含まれる平均的血色素量です。
MCHC 貧血の種類の診断に使用します。赤血球の一定容積に対する血色素濃度です。
血小板数 血液を凝固させる働きがあり、減少すると出血しやすくなります。また多すぎれば血栓ができやすくなります。
血液像 桿状核球 感染症、炎症、白血病などで増加。 血液中の白血球の種類は健康な状態では、ほぼ一定の割合で構成されるので、その割合の変化から病気を推測します。
分葉核球
好酸球 花粉症、喘息、アレルギー性疾患で増加。
好塩基球 アレルギー反応で増加。
単球 結核など感染症、膠原病などで増加。
リンパ球 ウイルス感染症、白血病などで増加。
血清鉄 鉄欠乏性貧血の診断などに用います。
血沈 感染症、炎症性疾患、貧血等で亢進します。

/

/
TTT 高値で慢性肝炎、肝硬変、膠原病が疑われます。
ZTT
GOT(AST)
GPT(ALT)
主に肝臓の中に含まれている酵素で、肝炎などで細胞が破壊されると血中に遊出して増加します。GOTは心筋細胞にも含まれ、心筋梗塞の時にも増加します。
γ-GTP
LAP
高値で肝臓病、胆道の病気が疑われます。γ-GTPだけが高値の場合はアルコール性肝障害が疑われます。
LDH 多くの臓器の細胞に含まれ、その臓器に障害があると増加します。
総ビリルビン 増加すると黄疸を呈し、肝炎、肝硬変、胆道の病気が疑われます。
ALP 高値で肝機能の低下、胆汁うっ帯が疑われます。ALPだけが高値の場合は骨の病気が疑われます。
コリンエステラーゼ 低値で肝硬変、劇症肝炎、栄養不良、高値では脂肪肝が疑われます。
総蛋白 低値で栄養不良、肝臓病、高値で膠原病が疑われます。
アルブミン 体内で最も多く、重要な血清蛋白。肝臓で産生されます。
A/G比 血液中の蛋白質の主なものはアルブミンとグロブリンです。その比は肝疾患の状態の目安になります。
アミラーゼ 高値で急性・慢性膵炎が疑われます。耳下腺炎などでも高くなります。
脂質 総コレステロール 高値で心筋梗塞、脳梗塞といった動脈硬化による病気が起こりやすくなります。
中性脂肪 アルコールの飲み過ぎ、過食が疑われます。
HDLコレステロール 低値で心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化による病気が起こりやすくなります。
LDLコレステロール 高値で心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化による病気が起こりやすくなります。
糖代謝 血糖 高値で糖尿病が疑われます。
尿糖 陽性のときは糖尿病が疑われます。
HBA1c 過去1~3ヶ月間の血糖状態がわかります。
痛風 尿酸 高値で痛風や動脈硬化による病気が起こりやすくなります。
腎機能 尿素窒素 蛋白質の分解産物で腎機能障害があると増加します。脱水状態で増加することもあります。
クレアチニン 蛋白質摂取の影響を受けない腎機能の指標。腎機能に障害があると増加します。
尿一般 尿比重 尿中の成分や体内の水分量に影響を受けます。腎機能不全などで低くなり、糖尿病・ネフローゼなどで高くなります。
蛋白 腎炎、腎孟腎炎、ネフローゼ症候群などで陽性になります。激しい運動後やストレス、女性では、月経時に陽性になることがあります。
ウロビリノーゲン 肝障害で陽性になることがあります。
潜血 陽性のときは、腎、尿管、膀胱の異常が疑われます。
尿沈渣 尿中の細胞成分などを調べて、腎、膀胱の異常を調べます。
胸部X線 肺や心臓の異常を調べます。肺結核や肺気腫などの発見に役立ちます。
上部消化管 食道・胃・十二指腸の腫瘍、潰瘍、ポリープなどを発見します。
腹部超音波 肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓などに超音波を当てて、腫瘍、結石など種々の異常を調べます。
梅毒 TPHA 陽性のときは梅毒に感染していることを示す。過去の感染でも陽性になります。
RPR 膠原病、ウイルス感染症、結核、肝臓病などでも陽性になることがあります。
免疫 CRP 陽性のときは、体内に炎症や組織破壊のある病気があることが疑われます。
RA 慢性関節リウマチ、膠原病、結核などの疾患があると陽性を示すことがあります。
肝炎 HBs抗原 陽性のときは、B型肝炎ウイルスに感染していることを示します。
HCV抗体 C型肝炎ウイルスの感染について調べます。
肺機能 肺の「換気機能」(空気の出し入れがうまくできているかどうか)を調べます。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の発見・診断に必要な検査です。
便潜血反応 大腸癌を発見するための検査です。他に、炎症性疾患やポリープでも陽性になることがあります。
超音波骨評価(骨密度) 骨密度の測定により骨粗鬆症を調べます。